プログラミング教育とは?【どのように学校現場に導入されるのか?】

2020年から、小学校でプログラミングの学習が導入されることになりました。

「なぜプログラミング教育が必須になるの?」
「どういうことを学ぶの?」
「誰が教えるの?」

と疑問に思う方多いと思います。

本記事では、

「プログラミング教育とは?」
「具体的にプログラミング教育は、どのような形で学校現場に導入されるのか?」
「誰が教えるのか?」

について、比較的さくっとコンパクトに説明します。

目次
1プログラミング教育とは?
2プログラミングは、具体的にどのように導入されるのか?
3プログラミングは、誰が教えるの?

本記事の情報のベースは、文科省が出している「小学校プログラミング教育の手引」です。

それに加えて、早くからプログラミングを我が子に学ばせている筆者の見解もはいっています。

プログラミング教育とは?

2020年から、プログラミング教育が小学校でも必修化されます。

日本で導入されるプログラミング教育は、

・「情報技術(ICT)を自分の意図するとおりに活用できるようになる知識やスキルの育成」(知識の部分)

・「プログラミング的思考の育成」(考え方の部分)

・「コンピュータの働きをよりよく使う態度や人間性の育成」(心がまえの部分)

の3つの柱で成り立っています。

この中で、とりわけ注目されているのが、「プログラミング的思考の育成」です。

プログラミング教育の目的

プログラミング教育のねらいはいくつかありますが、ひとつ大きなねらいは、「プログラミング的思考の育成」です。

プログラミング的思考というのは、コンピュータ的な問題解決型思考のことです。

???

言葉にすると難しいですが、

プログラミング的思考(コンピュータ的な問題解決思考)というのは、

「自分がやりたいことを、どうやったら達成できるのかを論理的に考え、答えを導き出す」一連のプロセスのことです。

すなわち、そのプロセスを自分でするためには、問題解決能力だけではなく、論理性や独創性も求められます。

プログラミング思考の手順はこんなかんじです。

① コンピュータにどのような動きをさせたいのかという自分の意図を明確にする 。
② コンピュータにどのような動きをどのような順序でさせればよいのかを考える 。
③ 一つ一つの動きを対応する命令(記号)に置き換える
④ これらの命令(記号)をどのように組み合わせれば自分が考える動作を 実現できるかを考える
⑤ その命令(記号)の組合せをどのように改善すれば自分が考える動作 により近づいていくのかを試行錯誤しながら考える

小学校プログラミング教育の手引き

 

たとえば、ロボットを動かすケースをプログラミング的思考の手順で説明すると、

①ロボットに、「3歩歩いて1回ジャンプする」という動作をさせたい
②「3歩歩く」「とまる」「1回ジャンプ」というふうに、させたい動きを細分化する
③細分化したそれぞれの動きをプログラミングブロックにおきかえる
④ブロックの組み合わせをつくる
⑤実際に動作をさせてみる。間違ったら再検証しやり直す

こんなかんじです。

①の部分では独創性が必要ですし、②〜④の部分では論理的性が必要になります。

これからの子供たちには、このような手順で、物事を考える思考力が求められていきます。

プログラミング教育の理由

なぜ、いま小学校にプログラミング教育を導入するの?という理由は、

みなさん薄々感づいているかと思いますが、世の中の急速なIT化が理由です。

 

あらゆる分野にAIが導入され、インターネットが物とつながり、

コンピュータと人間社会が密接に絡み合って世の中はどんどん便利になっていきます。

 

20年前、スマホがこんなに普及するとは誰も予想しなかったように、

5年後10年後の世界は、想像をこえる世界になり、今以上に便利になることは間違いないでしょう。

 

たとえば、数年後には、自動運転の自動車も出るといわれていて、車とインターネットがつながります。

自動車メーカーは、これまでのように性能の良い自動車を作って売るだけではダメで、インターネットと車をつなげる技術のアイデアや導入も必要になってきます。

今までは「自動車といえば日本のトヨタ」みたいなイメージだったかもわかりませんが、

もしかしたら数年後は、自動車といえばIT系の○○社というふうにとってかわるかもしれません。

 

今後は、そのような便利な世の中に溢れかえる技術や情報( ICT)を、積極的に活用する能力がもとめられます。

それがつまり、論理性や独創性といったプログラミング的思考でもあります。

 

同時に、これまで人間がやっていた仕事の半分ぐらいがAIの導入に伴って、なくなってしまうともいわれています。

逆に、そうなって新しく生まれる仕事もあります。

そういう新しいチャンスを子供たちが自ら掴んでいけるように、プログラミング的思考の育成は重要です。

プログラミングは、どのように学校現場に導入されるのか?

プログラミングは必修ですが、国語や算数のように週何時間、、という科目になるわけではありません。

そして、パソコンの前に座って、プログラミング言語を学ぶわけでもありません。

どのようにして学んでいくかというと、

総合的学習や算数等のすでにある科目の中に「プログラミングの単元」が新たにできて、

そこでプログラミング的思考を使いながら学習していくかんじになります。

具体的には以下のとおりです。

算数 (第5学年) プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく

理科 (第6学年) 身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラミングを通して学習する

総合的な学習の時間
「情報化の進展と生活や社会の変化」、「まちの魅力と情報技術」、「情報技術を生かした生産や人の手によるものづくり」を探究課題として学習する

小学校プログラミング教育の手引き

これらは、各科目の中で、単元としてプログラミングを学習することが決まっていますので、2020年以降は、教科書にも含まれてきます。

その他にも、

「音楽でリズムやパターンをプログラミングで組み合わせる」
「家庭科で炊飯器のプログラミングを通して炊飯について考える」
「都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用する」

といったように、色々な科目の授業の中にプログラミング学習が組み込まれることになります。

ICTが学校にもどんどん導入される時代になるのに合わせて、各科目にもプログラミング的思考が必要になってくるというわけです。

 

また、子供たちの負荷にならない範囲で、プログラミング言語やプログラミング 技能の基礎についての学習を実施する機会ができたり、

クラブ活動にプログラミングがはいってきたりすることもあるようです。

プログラム言語については、使われるのはビジュアルプログラム言語で、ほとんどの学校ではスクラッチを導入するようです。

ただし、プログラミング単体としての学習が満足にできるのは、ICT教育に長けた先生がいたり、校長がICT教育重視の方向性を示している学校に限られて来る可能性もありますので、学校差がかなり出てくると思います。

学習指導要領にかかれていることを最低限行う程度だったら、プログラミング単体の教育としてはあまり充実しない可能性がでてきます。

将来を見越して、我が子にプログラミング教育は必要だ!と思う方は、プログラミング教室や、プログラミング教材を通して、

学びの機会を増やしてあげることを検討すべきだと思います。

プログラミング、誰が教えるの?

公立小学校では、プログラム専任の教師ではなく、学級担任が教えることになると思われます。

理由は、プログラミングは科目としての必修化ではなく、各科目の単元の中に組み込まれる形での学習になるからです。

スクラッチなどは、簡単ではありますが、ケースによっては難しいので、現場の先生方にもプログラミング指導の教育が必須になってくると思います。

また、スクラッチには、プログラミング教室なども積極的に導入しており、通信教材なら自宅のパソコンで気軽に学ぶことができます。

ツール自体が無料なので、教材の価格も高くないのが嬉しいです。

D-SCHOOLオンラインのスクラッチ教材

【Z会プログラミング講座】公式サイト

おすすめの記事