赤ちゃんの夜泣きいつまで?対処法等【5人育児のママの経験談付き】

赤ちゃんの夜泣きに悩んでいるママたちへ

我が子が夜寝てくれない・・・寝かしつけに2時間以上もかかる、何か対処法はない?っていうか、こういうのいつまで続くの?

という悩みに少しでも寄り添えたらと思って書いています。

目次
・赤ちゃんの夜泣きはストレス
・いつまで続く?
・夜泣きの対処法

私は5人の子育てを経験して、下の子は3歳になりますが、夜泣きが大変だったのは2番目までだったなと記憶しています。

1人目の時は、本当に寝てくれない子で、2歳半まで寝かしつけは抱っこから、夜も必ず3回は泣く、それが当たり前だと思っていました。

2人目が生まれて、上の子に絵本を読んでいるといつのまにか下の子が寝ていたことがあって、それにとてもびっくりしたのを覚えています。

赤ちゃんって、、、抱っこじゃなくても寝るんだ。。と思いました。

そして3人目からは、寝つきが良い子ばかりで、夜泣きも特につらいと思いませんでした。

1人目、2人目では、夜泣きにかなり苦労したこともあり、3人目以降が天国に思えたのかもわかりません。

そんな経験のもと、赤ちゃんの夜泣きについて何か発信できればと思っています。

赤ちゃんの夜泣きはストレス

赤ちゃんの夜泣きは、本当にストレスになります。

ただでさえ育児と家事(仕事)に日中頑張っているのに、レム睡眠中に泣き声でおこされるなんて、たまったもんじゃありません。

そういう感情は、湧いて当たり前です。

夜泣きがやまない我が子に対して、もういやだ、やめて、そう思ってしまうのは当たり前の感情です。

否定すると余計ストレスになりますので、受け入れましょう。

そういう感情を無理に消し去る必要ななく、たとえ、うまくあやせなくても、夜泣きが止まなくても、大丈夫です。

自分を責めないようにしましょう。

でも、そうはいっても、泣き止ませられないと夫にも悪いし・・・、やっぱり私がなんとかしないと・・・とついつい自責の念にとらわれてしまうという方は多いです。

赤ちゃんが泣くのは当たり前、誰のせいでもないのに、日々追い込まれていくかんじ、わかります。

いつまで続くの?

夜泣きは、大体の子が3ヶ月ぐらいまで続きます。

その理由は、赤ちゃんの生理的な部分が大きく、オムツが濡れて気持ち悪いとか、お腹が空いたとかを昼夜を問わず泣いて訴えるわけです。

3ヶ月までは、視力もぼんやりしているので、赤ちゃんも日中と夜の区別ができていません。

3ヶ月を越えると、だんだん赤ちゃんがわかってくるので、それと比例して夜泣きも収まる子が多いです。

一人っ子の場合、夜泣きは長い傾向にあります。

私の場合、1人目は2歳半まで夜泣きがあり、下にいくほど夜泣きについては、とくにきついとは思わないぐらいのものでした。。

これは私の見解ですが、たぶん、兄妹のいる赤ちゃんは、上の子の生活リズムに早くから慣れざるをえないために、夜泣きをしている暇がないように思います。

たぶん、色々と兄妹の用事に付き合わされる赤ちゃんは、日中、すごくたくさんの刺激もらって、すごく疲れて、夜ぐっすり眠れるのではないかと思います。

夜泣きの対処方法

実際に、私がやって、効果のあった夜泣きの対処方法をお伝えします。

・夜泣き対応を交代制にする
・ミルクを飲ませて寝かせる
・授乳しやすい場所に寝かせる

夜泣き対応を交代制にする

夜泣きは1人では付き合いきれません。3人ぐらいで交代制にするのが理想的です。

2人体制だと、どっちかにしわ寄せが来た時に片方がしんどくなりますが、3人体制だとひとりひとりが本当に楽になります。

里帰り出産をしている方は、産後すぐに実家で過ごすことができますので、交代で夜泣きの対応がしやすいと思います。

私も、私の両親と、自分の3人交代で、生後3ヶ月まで乗り越えました。

じいじばあばの戦力なくては、育児は乗り切ることはできません。

ミルクを飲ませて寝かせる

夜寝る前にミルクを飲ませると、夜泣きの回数が減る場合が多いです。

理由は、ミルクは母乳よりもお腹にたまるので、お腹が空いたの生理的な夜泣きが減るというわけです。

わたしも3人目以降は混合で育てたので、寝る前にミルクをあげていました。

夜泣きはほぼなく、明け方ぐらいまで眠れたこともありました。

混合やミルクで育っている赤ちゃんは、ぜひお試しください。

授乳しやすい場所に寝かせる

夜中、くらい場所でも授乳しやすい場所に、ママと赤ちゃん一緒に寝ると良いと思います。

夜泣きで起きる時に、ママが居心地のよう状況をつくることが大事だからです。

夜泣きは3ヶ月ぐらいまではほぼ全員続きます。

それを受け入れた上で、どうこなしていくかに目を向けると、しんどさも違ってくると思います。

私は、自分はソファーに寝て、赤ちゃんはソファー横のベビーベッドに寝かせ、泣くたびにソファーにもたれながら授乳していました。

夜泣きにすぐに対応できるし、背もたれがあっての授乳はとても楽でした。

まとめ

夜泣きはママにとってストレスで当たり前です。自分を責めないようにしましょう。

夜泣きの時期は3ヶ月ぐらいまで。夜泣きのトンネルの出口はぜったいにあります。

夜泣きの対処法は、

・交代制にする(できたら3人)

・寝る前にミルクを飲ませる

・授乳しやすい場所に寝かせる

です。

以上、赤ちゃんの夜泣きについての記事でした。

 

おすすめの記事