赤ちゃんの英語、いつから始めたらいい?効果はある?【経験談あり】

赤ちゃん生まれて、早くも習い事を検討している方、

将来英語で苦労させたくないから、赤ちゃんのうちから習わせたい。
いつぐらいから教材を使い始めるのがいいの?
どういう方法がいいの?
おすすめの教材は?

そのような疑問にお答えします。

目次
・赤ちゃんの英語教育を始めるベストな時期
・赤ちゃんの英語教育の方法
・赤ちゃんの英語教育をする上で大事なこと
・赤ちゃんにおすすめの英語教育教材

わたしは、5人の子育て真っ最中(現在11歳~3歳)の40代ママです。

子供5人育てて、ようやく育児ってものが少し分かってきたかなと思う今日この頃です。

もともと子供の教育に興味があって、1人目が生まれてすぐに、ディズニーの英語システム、家庭保育園を購入し、幼児教育をスタート。

毎晩読み聞かせ、モンテッソーリ教育、自然派教育、プログラミング、アクティブラーニング、子どもちゃれんじ、日能研、いろいろな教育方法に触れて、その子にあった教育ってあるよなぁと実感する毎日。現在進行形で教育方法を模索中です。

これまでに収集した情報や、5人育児の日々の経験をアウトプットして誰かのお役にたてたら嬉しいです。

赤ちゃんの英語教育を始めるベストな時期 

赤ちゃんの英語教育を始めるのにベストな時期は、6ヶ月から8ヶ月ぐらいだと言われています。

この時期の赤ちゃんって、ちょうど、目もはっきり見えてきて、寝返りができるようになる時期です。

寝返りができると、見える世界もかわってきます。

赤ちゃんは、だんだんと自分の世界に気づきだし、脳はスポンジのようにいろんなことを吸収し、耳も育つ時期。

だから、6ヶ月~8ヶ月が、英語のインプットをやり始めるのにベストな時期だと言われています。

 

以前、私がディズニーの英語システムの購入の時に聞いた話では、できたら1歳までに英語教育を始めるのが理想的、10ヶ月までに始められたら花丸とのことでした。

でも、そこまでに始めないとダメなのかというと、絶対にそうではありません。

私ごとになりますが、生後3ヶ月から英語をインプットしてきた1人目の子は、今現在6年生なのですが、英語そのものに興味がないかんじです。

一方で、2人目の子は英語が好きで、毎週の英語塾をとても楽しみにしています。

 

当然ですが、赤ちゃんの英語教育の効果には個人差があると思います。

赤ちゃんのうちから英語教育をはじめて、みんながみんな英語を話せるようになるかというと、絶対そうではありません!

結局は、その子が成長とともにそなわっていく興味や関心によるのかなと思います。

 

英語にしろ、何にしろ、幼児教育は、子供だけではできません。

親がやろう!と決めて取り組めるものなので、親が思い立った時にはじめるのが、ベストタイミングだと思います。

 

赤ちゃんの英語教育の方法

赤ちゃんの英語教育といっても何をしたらよいのでしょう?

赤ちゃんはまだひとりでは何もできないので、書くことも話すこともできません。

この時期の英語教育は、ひたすら聴かせる、見せるのインプットになります。

語りかけより、歌がおすすめ

英語の歌を聴かせるのはとてもおすすめです。

よく、赤ちゃんには動揺がいいといいますが、それと同じ理由です。

動揺は感受性を育て、とくにα波が脳に良い影響をもたらすそうです。

スポンジ脳の赤ちゃんににとても効きそうですよね。

 

また、もう一つの理由として、ママ的に楽だということです。

自分自身が英語で赤ちゃんに語りかけるより、英語の曲を流す方が絶対楽ですよね。

私自身、ディズニーの英語システムを購入する時、「小さな音でいいので、1日30分ぐらい流しっぱなしにするのを継続してください」というアドバイスされました。

それを信じて、1人目の子では、2年間流しっぱなしを継続しました。

食事中とかドライブ中にバックグラウンドミュージック的に流すだけなので、とても簡単でした。

DVDを見せる

英語のDVDを見せるのもおすすめです。

DVDについては幼児期に見せない方が良いとか、賛否両論ありますが、私は見せてもよいと思います。

DVDを見せると赤ちゃんの脳の発達が悪くなるとか、一方的に情報を与えられて興味関心が薄い子になるとかいう説もあります。

でも、映像やメディアは、わたしたちの生活に切り離せないものになってきているという現実のもと、赤ちゃんひとりのために、メディアを私たちの暮らしから排除することは、ほぼ不可能です。

 

スマホ育児がダメとかも言われていますが、私は使い方だと思っています。

DVDを見せた途端にぐずり泣きがやんだとかの話はよく聞きますし、ママが楽をするためにもDVDや動画は育児に上手に活用していくべきだと思います。

 

大切なのは、DVDの使い方です。

2時間も3時間も見せっぱなしは良くないと思いますが、時間をきめたら大丈夫です。

たとえば、我が家では車で移動するときは、ディズニーの英語システムのDVDを見せています。

移動中なので、だいたい1回あたり長くても30分ぐらいの視聴になります。

ちなみに、うちのディズニーの英語システムのお気に入りは「プレイアロング」で、子供達は何回見ても飽きません。

30分間集中しながら、英語を口ずさみながら見ています。

赤ちゃんの英語教育をする上で、大事なこと

赤ちゃんの英語教育で大事なことは、インプットを継続することだと思います。

毎日続けることで、赤ちゃんにとって英語が習慣になるからです。

 

うちの1番目の子は、2年間インプットを毎日欠かさず続けました。具体的には、英語のCDを流し、車とかでDVDを見せ続けました。

でも、ぶっちゃけ、最初に話した言葉が英語だったとか、いつも英語のフレーズを口にしたとか、そういうことも特になく、これといった凄い反応もなく、手応えとかは全くなかったです。

今、その子は6年生になり、英語は好きでもなく嫌いでもない教科になりました。外国人が話す英語がわかるかどうかを聞くと、「はっきりはわからない。でも、なんとなくこういうこと言ってるのかなというのはわかる」というかんじらしいです。

きっと赤ちゃん期の頃の英語のインプットが頭のどこかに残っているのかな?と思います。

 

赤ちゃんは、リアクションがほぼないので、その瞬間で効果があるのかないのかは、大人にはわからないと思います。

でも、たとえ反応がなくても、赤ちゃん時期の耳と脳の成長はすさまじいことは事実なので、インプットを続ける価値は十分にあります。

 

では、継続するためにどうしらいいか?ということですが、親が楽に長続きする方法で取り組むことが大切です。

CDの流しっぱなしでもいいし、DVDを見せるのでもいいのです。

とにかく赤ちゃんが英語に触れる機会を多くもつこと、インプットを続けましょう。

2、3歳ぐらいまでは、インプットメインで、アウトプットはおしゃべりが多感になる3歳ぐらいからでよいと思います。

というわけで、親自身が楽で長続きする方法で、赤ちゃんに、英語のインプットを続けましょう。

 

おすすめの教材

わたしがおすすめするのは、ディズニーの英語システムです。

理由は、自分が実際使ってみて、子供の関心がずっと続く教材だなぁと感じるからです。

0歳~小6ぐらいまでは使えます。

 

その中でもお勧めが、「プレイ・アロング」ち「シング・アロング」のDVDです。

どちらも小さい子向けですが、本当に子供達が集中して楽しんでみているDVDです。

うちは子供5人ともこれらのDVDが大好きです。

おすすめのポイントが、自分の経験からの理由のみになっていて恐縮ですが、無料のDVDもありますので、是非一度お試しください。

 「ディズニーの英語システム」無料サンプル請求はこちらから

本日は以上です。

おすすめの記事